『そんなバカな。』と言いたい時は?:クイックフレーズ集

itcantbe

シチュエーション

好きだったアーティストのスキャンダルのニュースを聞いたときなど、否定したい気持ちを表したいときに使えるフレーズです。

こんな時どう言う?

そんなバカな。

こう言おう!

It can’t be.

ヒント

ありえないと言うニュアンスの時に使いましょう。

“can be”には、“可能性がある”という意味があります。

今回の例は”can’t be”なので、否定的な意味で、“可能性はない”というニュアンスになります。
ですので、「そんなバカな」というような驚きや疑問を強調する表現に使われます。

肯定的な”can be”は、「〜かもしれない」というどちらかと言うと含みをもたせるイメージですが、
否定的な”can’t be”は、「〜であるはずがない」という感じで、自信をもって伝えるイメージです。

LINEで送る
Pocket

『そんなバカな。』と言いたい時は?:クイックフレーズ集” に対して 3 件のコメントがあります

  1. さちこ より:

    いつも参考にさせてもらってます^^it can’t be true. とニュアンスに違いはありますか?単純にtrueを付けるかつけないかだけなんでしょうか?

  2. 陽子セニサック より:

    質問ありがとうございます。
    It can’t be trueですと、【本当であるはずがない】と言う意味になり、It can’t beですと
    説明にも書いてありますように、【そんなバカな】【あり得ない】と言いたい時に使います。

    状況によってはどちらを使っても、ニュアンスは同じですね。

    彼仕事辞めたのよ。   He has quit his job.
    It can’t be.
    It can’t be true.
    どちらを使っても同じようなニュアンスになりますね。

    1. さちこ より:

      Thank you 😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。